老後の生活に不安を抱える人は多いかと思います。
今ある年金に不安を抱く方。今後もらう年金に不安を抱く方。あるいは満足に生活をすることも難しくなるかもしれません。
いざというときが来た時のために早いうちから介護施設の種類や費用を調べておくのも良いことでしょう。
ここで簡単ではありますが簡単に説明してきましょう。

まず、入居から利用中の費用が一番安く抑えられるのは特別養護老人ホームです。主に地域の社会福祉法人が運営しています。特別養護老人ホームにもいくつか分類がありますが、利用者の収入によっては月額5万~と格安で利用することができます。日常生活のお世話を受け、終の棲家として利用することもできます。ただし、先ほど書いた通り、特別養護老人ホームにも分類があり、大きく違う点はサービス費の1割(人によっては2割)負担とは別に設定される食費、居住費に差が出てきます。

また、ユニット型特養と呼ばれる形態の施設は住民票が同一地域内にないと入居することができません。さらには入居可能の条件として要介護3以上でないといけません。

次に、今注目を集めているのは有料老人ホームです。費用は特養より高額ですが、低い要介護度からでも入居でき、設備の充実や、日常生活の支援が充実しているところが増えてきています。発生する金額としては、居室代、食費代のほか、身の回りのサービスに応じて利用料が発生したり、ホームヘルプやデイサービスなどの在宅介護サービスを利用した場合の利用料も発生します。ピンキリではありますが約10万円~となっています。

施設の種類も費用も様々で一見するとその違いが分かりにくいこともあります。入居を考えている人に対するアドバイスですが、いくつもの種類の事業所を回ることをお勧めします。

さらには、老後にこんな暮らしがしたいといった要望を訪問先の担当者に話してください。それが実現可能かどうかという点で大きく差が出ることがあります。もちろん経済的な問題も踏まえたうえで、わかりにくいこと、不安なことをそのままにせず、何でも質問していきましょう。見学の場数を踏むことが何より良い介護施設を見つけることにつながるのです。